« あきたんの禁煙日記&挑戦 その1 | トップページ | 新春の新潟のご紹介 古町6(新潟県新潟市) »

2005年1月 5日 (水曜日)

新春の新潟の一品 のっぺ&ポッポ焼き(新潟県)

新潟を代表するこの時期の一品です。
ただ?新潟県内は広域なエリアですので、
そのままでそうです!というものではなく、
地域によっての差異はありますのでご了解ください。

まずはのっぺです。

フォトログ☆もうぞ : 「雪が降って、正月げぇらのう!」

もうぞうさんの記事を拝見して、あきたん家での一品です。
いつもありがとうございます。今回も突然ですみません。

新春の新潟の一品 のっぺ&ポッポ焼き(新潟県全域)

新潟のこの時期には欠かせない一品です。
和風だしで煮た物、という表現がいいのでしょうか?
年始挨拶に行けば?新潟県ではごくごく出されます。
そこのご家庭ごとに味があるのですが?
それがまた趣があって奥深いです。
この辺りは専門的にご説明できる方がいると思います。
お気軽にTB記事をお待ちしています。

次はポッポ焼きです。

散歩 ◆新潟市のあたり ぽっぽ焼

伊藤さんの記事を拝見して、白山神社で買いました。
1000円で30本です。500円で15本、300円で9本です。
大体これが相場かな?という印象です。

新春の新潟の一品 のっぺ&ポッポ焼き(新潟県)

これについては?前回の白山神社の記事で、
ポッポ焼きのお店をご紹介しました。
不況かもしれませんが、やはりダントツの一番人気です。
お正月だけ、というものではありません。
屋台があれば?新潟市よりも下越地方側(新発田市寄り)
でも多く見る事が出来ます。最近は県内あちらこちらで、
見ると言う話も聞きますが?いかがでしょうか?
情報をお待ちしております。
味の方は?蒸しパン、柔らかいカステラ、という表現ですね。

新潟では当たり前ですが、ここを故郷にしている方、
から見れば?懐かしい一品ですよね。
また新潟を知らない方から見れば?なるほど〜という
感じであると思います。

以前にみかづきさんの「イタリアン」が東京へ、
という話題がありましたが多くの新潟市周辺出身の皆さんが、
取り上げておられました。長岡市であれば「フレンドのイタリアン」
でしょうか?餃子もいいですよね。
新潟県内各地に故郷がある私は多くの郷土の味を知っているのかも知れません。
それって幸せかもしれませんね。

|

« あきたんの禁煙日記&挑戦 その1 | トップページ | 新春の新潟のご紹介 古町6(新潟県新潟市) »

新潟の一品」カテゴリの記事

コメント

コメント感謝します。

懐かしい記事です。
ぜひともお買い求めに新潟県へお越しくださいね。

投稿: あきら | 2009年8月30日 (日曜日) 10:26

初めまして、「せーたろー」と申します。


「ぽっぽ焼き」で検索していたら流れ着きました。


こ、、、、、


これが噂のぽっぽ焼きなのですね

美味そうダ

必ず新潟にぽっぽ焼き求めて行きたいと思います。

駄文で申し訳ありませんでした

投稿: せーたろー | 2009年8月27日 (木曜日) 23:45

>ミズノさん

はじめまして!ご訪問に感謝します。
今後とも宜しくどうぞ。

ぽっぽ焼きは?スーパーの駐車場内などで、
販売していますが?三条市付近は?
あまり話は伺いません。
新潟市周辺は多いですね。

投稿: あきたん | 2005年2月 9日 (水曜日) 22:06

はじめましてー。
三条市在住です。ぽっぽ焼きってふと食べたくなりますよねー。
お祭りじゃなくても土日とか売ってるところってありますか?

投稿: ミズノさん | 2005年2月 9日 (水曜日) 09:26

実の妹のゆっこさん(笑)どうもです。
お昼を作って頂きまして感謝します(爆笑)
また甥からも心の洗濯をしてもらっており、
谷選手&ゆっこさんには感謝します(身内ネタ)

ところで?母親が作るあのあんかけですが?
あれあたりは上越市周辺で多いよね。
じゃがいものそぼろあんかけ、というのか?
よくは分かりませんが(^^ゞ
県内は多様の食文化です。
新潟県はなかなか奥深いですよね。
あなたの生まれたところとはまた違うし。

正しい新潟と言うか?身近な新潟は?
その地域の方しか知りません。
案外に私は物知りかもしれませんよね。
ご自身でも色々な郷土料理にチャレンジしましょう。
結構面白いかもね。

だらしなく不甲斐ない兄ですが、
くれぐれも見捨てずに大きな愛情をもって、
今後も接してくださいね。宜しく!

投稿: あきたん | 2005年1月 8日 (土曜日) 22:22

見たことのあるお皿にのっぺが!!
ってことでひさしぶりの書き込みです。

のっぺは地域によってかなり違うようですね。
上越は里芋じゃなくてじゃがいもだったような。
で、とろみがついてる。あ、新潟市のと違って
かなり醤油色してましたね。アレはアレで好きです。
自分で作るのは新潟市のっぺですけど^^;

さて、ぽっぽ焼き。
今はお祭りじゃなくても売ってるところはたくさんありますね~。
昔は初詣にいって買ってもらうのが楽しみでしたが。

それでは。

投稿: ゆっこ | 2005年1月 8日 (土曜日) 17:22

新潟出身の人さん、初めまして!
あきたん@管理人です。
今後とも私の運営する各サイトをご愛顧ください。
宜しくお願いします。
コメントに感謝します。

言われる通り、今はこのお値段で高いですよね。
でも9本300円あたりを高校生が買っている
あたりはまだまだ身近な感じです。
新潟の食べ物ですが?今後ともアップしますので、
コメントやお気軽にご提案(笑)があれば、
可能な限りご紹介します。

宜しくお願いします。

>伊藤さん

追加情報ですが?上越地方では片栗で溶きます。
それが一般的だそうです。
母親は新潟市あたりで覚えたそうです。
ですので冷たいのっぺですね。
新潟に嫁ぐ方は大変かも知れませんね(笑)
今度また専門家にも聞いてみます。
まずは情報までです。宜しくどうぞ。

投稿: あきたん | 2005年1月 7日 (金曜日) 00:24

はじめまして、随分前に新潟に住んでました。
「ぽっぽ焼き」の値段に驚愕・・そんなに高くなってしまったのですか!!
(私が最後に買ったのはもう20年くらい前の話ですが)
ぽっぽ焼きはほんのりと黒砂糖の味がしたような記憶があります。
こちらには「ああ、久々に食べたいなぁ」と思うモノが多いですね。
今後も拝見させていただきます。

投稿: 新潟出身の人 | 2005年1月 6日 (木曜日) 14:02

いつもありがとうございます。
今回はTB致しました。感謝します。

>もうぞうさん

のっぺコレクションですか!
面白いですよね。
ただなかなか「しょうしがり」の県民性
ですので?公開してくださるのか?微妙ですよね。
当方ではお汁の加減は多いんです。
これを飲むのが好きです。もうぞうさんと?
かなり似た感じですよね(^o^)丿
しかし他の方のが見てみたいです。

>伊藤さん

私の母親が新井市出身ですが?
料理が出来ぬまま嫁に行った感じですので(笑)、
何処で覚えたのでしょうか?謎です。

中越地区は割りとのっぺ汁で出す場合が多いと思います。年中、ある気がします。
新潟市や佐渡などは冷たい感じが多いと思います。
新潟県の多様性をこういう場面で公開できると?
もっと正しい新潟のイメージが出来ると思います。
しかし奥深いです。

投稿: あきたん | 2005年1月 5日 (水曜日) 21:38

実は私「のっぺ」について何も書けないのです。
新潟市で初めて食べました。おいしいと思いました。
でも、新潟市のような冷たいタイプは、うちでは作らないのです。
両親は柏崎出身なのです、ふたりは温かい「のっぺ(い)汁」なんです。
「ポッポ焼」もそうなんですが、どうも新潟では場所場所でいろいろな個性が展開しているような気がします。
この多様性が新潟なんでしょうね

投稿: 伊藤/kin_i | 2005年1月 5日 (水曜日) 20:57

こんにちは、トラバありがとうございます。
「のっぺ」ですが、もうぞう家と似たような感じですが、切り方が少し違いますね。汁の量も、もっとも、もうぞう家は、撮影のため少々汁を少なくしました。

「のっぺコレクション」なんてのが出来たら、うれしいですね!
あきたんさんなら出来ますよきっと!!
いかがですか?

投稿: もうぞう | 2005年1月 5日 (水曜日) 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春の新潟の一品 のっぺ&ポッポ焼き(新潟県):

» ぽっぽやき [おくさまのブログ]
水原六斉市にぱっぽやき屋さんが出ていました。 ここのところ毎回来ています。 黒砂糖と小麦粉で作るぽっぽやき・・・ 久しぶりに買ってみました。 お祭りにはよく... [続きを読む]

受信: 2005年2月20日 (日曜日) 09:52

» 2005/12/02(Fri.) [ヒキガタリスト の ひとりごと (nemshima's diary)]
新潟の母校訪問、新潟の冬は「鉛色の空」。 朝5時過ぎに起きて、6:35の電車に乗って、東京駅を7:48発の新幹線に乗って、新潟駅で越後線に乗り換え、大学の最寄り駅に着いたのが10:22。 関東の空は晴れていても、新潟の冬は「鉛色の空」と決まっている。いかにも新潟の冬らしい天気に迎えられてしまった。 今回の新潟行きの目的は、新卒者採用活動の一環としての、会社案内セミナー。大学の教室をひとつ借り切って、学部の3年生と修士1年生を対象に1時間程度の会社案内を3回行う。 電車のダイヤの都合で、集合時... [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土曜日) 01:32

« あきたんの禁煙日記&挑戦 その1 | トップページ | 新春の新潟のご紹介 古町6(新潟県新潟市) »