« 新潟を紹介するblog ~日本海随一の国際空港 新潟空港(新潟県新潟市)2006.3撮影~ | トップページ | 新潟県立万代島美術館 7人の新潟の洋画家たち展 »

2006年3月16日 (木曜日)

開館20周年記念 新潟市美術館全所蔵作家展I

<PR>新潟県 瀬波 大観荘せなみの湯
<PR>新潟県 瀬波 夕映えの宿汐美荘

開館20周年記念 新潟市美術館全所蔵作家展I

上記に行ってみました。
よせばいいのに、お値段がかなり安いと感じ、図録も購入。
とても素晴らしい1冊です。買ってよかったです。
下記リンク先に詳細があります。フルカラーで2100円はお買い得です。

新潟市美術館 全所蔵作品図録−絵画編−

写真展は行きますが、絵画展はかなり苦手です。
というか、絵画が出来る方はまず尊敬します。
難しい世界ですので、私のキャパには対応しないようです。
ちょうど20周年企画のイベントなので、行きました。
それと絵画を見て、心の豊かさを探そう!と思いました。
結構、単純な思い付きです(汗)

そこで素敵な一枚に出会えました。

宇佐美圭司、という方の作品です。
「霧の街に沈む」という作品がここにあります。
正直、絵画で感動する自分に驚きがありました。
全く分からない世界ですが、胸にきゅんとくる想いがありました。

Yahoo!検索 - 宇佐美圭司

上記が宇佐美さんの情報です。著名な方みたいですね。

絵画の世界も時代背景の中で、多様化しまた変化に迫れたらのかな?って思いました。
今回の3期目の絵画展はその絵画を展示しています。
フォトコラージュの用法、また遠近法への応用など、
興味ある作品群が多いと思います。

反面、心の豊かさを追求し時代がそうなり、結果として?作家の皆さんは多くの苦悩と戦う、そんな姿勢も感じました。
葛藤への想いもそれとなく感じています。

やはり人間は知らないことが多いと思います。
また知った気になっているだけで、実は一人では小さな存在。
多くを知ることで、心が豊かになり成長し、また前進するものと思いました。

今後は極力嫌がらず、足を運ぼうと思います。

お近くの方は是非に行かれてください。

追伸:新潟って、多くの画家いるんだなぁ、と痛感です。

|

« 新潟を紹介するblog ~日本海随一の国際空港 新潟空港(新潟県新潟市)2006.3撮影~ | トップページ | 新潟県立万代島美術館 7人の新潟の洋画家たち展 »

新潟の芸術」カテゴリの記事

新潟市中央区のご紹介(旧新潟市中央地区、南地区など)」カテゴリの記事

コメント

ニセ地理学者さん、初めまして。
ご訪問とコメントに感謝します。
糸魚川市、旧能生町の写真も公開していますが、
かなりご感想を頂き、ありがたい思いです。

今後とも自身の新潟のサイトシーンを公開します。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: あきたん | 2006年3月25日 (土曜日) 09:46

故郷の写真をどうも(糸魚川-旧能生町)
まさにマリンドリームのすぐ近くが私の故郷です。
 新潟大好き。これからも新潟をよろしく。

投稿: ニセ地理学者 | 2006年3月23日 (木曜日) 05:40

あきたんたちが、宇佐美とか多い苦手とかを応用すればよかった?


投稿: BlogPetのきょん | 2006年3月19日 (日曜日) 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16421/9118787

この記事へのトラックバック一覧です: 開館20周年記念 新潟市美術館全所蔵作家展I:

« 新潟を紹介するblog ~日本海随一の国際空港 新潟空港(新潟県新潟市)2006.3撮影~ | トップページ | 新潟県立万代島美術館 7人の新潟の洋画家たち展 »