« 新潟を紹介するblog - 新着情報RSS について | トップページ | 【お知らせ】重要なお知らせがあります »

2006年8月 8日 (火曜日)

夏の夕日 日本海タワー(新潟県新潟市)

新潟を紹介するblog ~夏の夕日 日本海タワー(新潟県新潟市)2006.8撮影~

公開枚数が80枚になります。

実はこの場所のご紹介は初めてになるのですよ。
灯台下暗し、かな?と思っています。
私にとっては馴染みが深い、そんな場所です。
それではこの場所の説明などは続きよりどうぞ!

夏ならではの情報があります!

   

Nihonnkai0014


Nihonnkai0003


Nihonnkai0028


Nihonnkai0038


Nihonnkai0075

新潟を紹介するblog ~夏の夕日 日本海タワー(新潟県新潟市)2006.8撮影~

是非ともお気軽にご覧下さいね。

新潟市 - 日本海タワー

新潟市の中心部に水を供給する南山配水場の上に建てられた展望台。 内部のフロアは回転式となっており約20分で360度回ります。海抜63メートルながら眺望は良好。日本海に沈む夕日はもちろん、越後平野、佐渡、快晴の日なら粟島まで一望できます。

●所在地/新潟市旭町2-5229
●TEL/025-229-0020((財)新潟市水道サービス)
●開館時間/9:00~17:00( 12月~2月 10:00~16:00)
●休日/12月29日~1月3日
●料金/大人300円 小学生100円(団体30名から、中学生以上200円、小学生70円)
●交通/バス:新潟駅から浜浦町行「日本海タワー前」下車
     車:新新バイパス 桜木I.Cより20分

上記、新潟市のサイトより引用転載となります。

実は各種報道でもされていますが、今月までは夏の夕日が楽しめます。
夜の7時半まで開放しているのです。これはありがたい!です。
そのため、今月よりは多くの皆さんで賑わっている、そんな印象です。

写真でもありますが、奇麗なんですよね。

日本海タワー - Wikipedia

日本海タワーとは新潟市にある展望施設である。新潟市の水道創設60周年を記念して1970年8月に完成した展望台である。新潟市内は勿論、晴れた日には日本海、佐渡島、弥彦山などを望むことが出来る。

この展望台の最大の特徴は、日本で初めて水道用配水池の屋上に回転展望台を置いたことにあるだろう。この配水池は「南山(なんざん)配水池」と言われ、主に新潟市中心部へ水道を供給する施設であったが、その上に展望台を増設してしまったのである。

新潟市内の展望台と言えば、万代シテイにあるレインボータワーが想像されるが、こちらは展望台の回転のみで上下移動は無い為、ずっと展望台にいられる点が異なる。全面ガラス張りで約25分で360度回転する。喫茶スペースがある。元々日本海に近い場所に立っていたこともあって、景色も大変良く、現在では新潟市民の憩いの場となっている。また、夏場には日本海に沈む夕日も望めてデートスポットにもなっている。

入館料は大人300円、子供100円。財団法人新潟水道サービスが管理を行っている。

上記のサイトより引用転載しています。(私も記事作成者で参加している、Wikipediaです。)

新潟大学病院のすぐ近くです。関屋浜、日和山浜よりも近いですね。
新潟水族館、また市街地よりもすぐという好立地です。市役所も見えますよ。
この夏場での延長営業は是非とも!行ってもらいたい!と思います。
喫茶もあって、カップルや家族連れには最高ですよ。

ご質問などはお気軽にどうぞ(^o^)

|

« 新潟を紹介するblog - 新着情報RSS について | トップページ | 【お知らせ】重要なお知らせがあります »

新潟の海、海水浴場情報」カテゴリの記事

新潟市中央区のご紹介(旧新潟市中央地区、南地区など)」カテゴリの記事

新潟県の夕日、夕陽のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16421/11329993

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の夕日 日本海タワー(新潟県新潟市):

« 新潟を紹介するblog - 新着情報RSS について | トップページ | 【お知らせ】重要なお知らせがあります »